転職成功への近道!産婦人科の医師求人サイト比較

転職希望の産婦人科医が登録すべき医師求人サイトを徹底比較

第一位

医師転職ドットコム

求人数
★★★★★
検索機能
★★★★★
転職満足度
★★★★★

産婦人科の求人はこちら

第二位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリア
求人数
★★★★☆
検索機能
★★★★☆
転職満足度
★★★★★

産婦人科の求人はこちら

第三位

m3.com CAREER

m3.com CAREER
求人数
★★★☆☆
検索機能
★★★★☆
転職満足度
★★★★☆

産婦人科の求人はこちら

HOME » 産婦人科医たちの転職事情【婦人科編】 » 婦人科医の勤務実態

婦人科医の勤務実態

産婦人科の医師求人事情として、こちらでは婦人科医の勤務の実情を見ていきます。

 

婦人科の医師たちの転職・求人事情とは

婦人科は女性特有の病気である子宮内膜症や子宮筋腫、子宮がんなどの治療をする仕事です。
産科との違いは、妊産婦や産後の方を診るかどうかになります。

かつて日本のクリニックでは、ほとんどが産科も婦人科も行う産婦人科医でしたが、
現在はお産を取り扱わない婦人科が増えています。ただし妊婦検診だけは行っている医師により
産婦人科と名乗っているところもあり、「産」が入っているだけでは仕事内容が把握できないのが実情です。

厚生労働省の必要医師数実態調査(平成22年度)によると、婦人科の現員医師数は1084.9人となっています。
そのうち常勤は937人、非常勤は147.9人。

それに対し、婦人科単独の求人数は86.1人と少なく、一見するとニーズが少ないように見えますが、
産科の診察や専門外来、健診施設などの求人も視野に入れる、認定資格をとることでも転職の選択肢が広がる職でもあります。

 

家事や育児と比較的両立がしやすい

いつ呼び出しをされるか分からない分娩のある産科とは違い、婦人科単独でのお仕事は治療がメインとなるため、
比較的勤務時間が把握しやすいと言えます。女性医師が結婚した後、家事や育児との両立をしやすいというメリットもあります。

また、女性外来などを新設する場合は、婦人科の専門医を求められることも多いようです。
その場合は内科や外科より報酬が高めに設定されていることもありますから、収入面でも不安なく働くことができます。

 

需要が高まっているので転職をしやすい

最近では婦人科健診の大切さを取り上げた女性誌なども多く、以前よりも女性特有の病気に対する意識も高まっています。
それにともない婦人科医への注目も高まり、重要も増加。スポット健診の求人も多く、転職の幅が広いと言えます。

また、マンモグラフィー読影認定資格などの専門医資格と取ることでも選択肢が広がるので、
婦人科での転職を目指すのならキャリアアップになる資格取得をすることも大切です。

 

産婦人科医たちの転職事情【産科編】

産婦人科医たちの転職事情【婦人科編】

産婦人科医たちの転職事情【不妊治療編】

産婦人科の医師求人サイト一覧