転職成功への近道!産婦人科の医師求人サイト比較

転職希望の産婦人科医が登録すべき医師求人サイトを徹底比較

第一位

医師転職ドットコム

求人数
★★★★★
検索機能
★★★★★
転職満足度
★★★★★

産婦人科の求人はこちら

第二位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリア
求人数
★★★★☆
検索機能
★★★★☆
転職満足度
★★★★★

産婦人科の求人はこちら

第三位

m3.com CAREER

m3.com CAREER
求人数
★★★☆☆
検索機能
★★★★☆
転職満足度
★★★★☆

産婦人科の求人はこちら

HOME » 産婦人科医たちの転職事情【産科編】 » 産科医の勤務実態

産科医の勤務実態

産婦人科の医師求人事情として、こちらでは産科医の勤務の実情を見ていきます。

 

産婦人科の医師求人事情~産科医の勤務・転職編~

産科の仕事は、妊娠から出産に関わる母体や生まれてくる赤ちゃんのケアなどがあります。

近年は分娩を取りやめる施設が増えていて、産科医へのニーズは高まっている状況です。
リスクが伴う可能性があるという事から、産科という分野自体を若手医師が避けてしまう傾向もあり、医師不足となっています。
そのため転職は、求職者よりも募集案件数の方が圧倒的に多く、転職をしやすい科目でもあります。

 

いつでも対応可能を迫られる勤務実態

産科医師は分娩を取り扱うことから、24時間365日、病院からいつ呼び出しをされるかが予想できません。
予想のつかない分娩の呼び出しに対応するために、プライベートな時間にも制約がかかったり、
当直や緊急手術などにも対応しなくてはいけなかったりと、勤務実態には産科ならではの特異性があります。

そのような厳しい対応を迫られる中で業務をこなすのが難しくなってしまい、転職や転科を考える医師が増えているようです。

 

産科医師の求人ニーズは非常に高い

このような事から産科医師のニーズはとても高く、国立の総合病院から民間の産婦人科専門病院まで、幅広い求人募集があります。
特に都市部においては非常にニーズがあり、手術対応ができる常勤医師などは重宝されているようです。

転職を希望する場合はニーズの高さを活かし、事前に分娩の受け入れ態勢や当直の有無を確認するなど、希望と比較しながら検討しましょう。

比較的好条件の職務を探すためには、情報集めが必要です。
良い求人サイト・求人コンサルタントを選び、待遇や条件を比較しながら、自分に合った求人を見つけて下さい。
女性医師の診察を希望する患者も増えているので、女性医師が働きやすい環境を用意している病院や医療機関もあるようです。

 

産婦人科医たちの転職事情【産科編】

産婦人科医たちの転職事情【婦人科編】

産婦人科医たちの転職事情【不妊治療編】

産婦人科の医師求人サイト一覧